『獰猛犬』(2018年12月6日~9日 武蔵野芸能劇場)詳細WEB

【全公演、無事に終了致しました。ありがとうございました。】

 フライヤー

f:id:kyojikamui:20181003162950j:plain

f:id:kyojikamui:20181008101312j:plain

ICHIGEN PRODUCE 第4回公演

『獰猛犬』

脚本・ 監修: 神威杏次  /   演出: 重井貢治 

公演スケジュール

2018年12月6日(木)~12月9日(日)

6日(木)15:00(公開通し稽古)、19:00

7日(金)14:00、19:00

8日(土)14:00、19:00

9日(日)13:00、17:00

※開場は開演の30分前予定

会場地図

武蔵野芸能劇場

JR三鷹駅 徒歩1分

f:id:kyojikamui:20181004173245p:plain

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-10

TEL:0422-55-3500

チケット予約

料金:前売・当日4,000円、学割・リピーター割3,000円

 

CAST&STAFF

前田真弥(カラスカ)
水川華奈(Showtitle)

 

立原ありさ(teamオムレット)
多田聡
目黒亮平(エニープロダクション)
梅原はるか(ヴァンセット・プロモーション)
緒方夏生
船本深文(スペルバウンド)
土田茉莉子
赤羽一真
近藤大稀
大川佳音(劇団ひまわり)
清田掌(ヴォイス・エード・ファクトリー)

 

加賀谷崇文(劇団昴)
川島芽生
小野寺博(アローズプロ)
志乃宮風子(アーツビジョン)

 

坂本三成(リミックス)

 

照明 岩下由治((株)ルポ )
音響 浜田昌一(エス・シー・アライアンス)
舞台監督 はじり孝奈(obbligato)
媚態美術 はじり孝奈
宣伝美術 日向時
制作 ICHIGEN 下村響子

プロデュース:志乃宮風子 重井貢治

あらすじ

 どこかの場所、島にポツンと佇むBAR。

なぜか記憶をなくしている若者・翔太は、岬の崖で自殺志願の男ふたりに出会う。偶然同じ場所で死のうとした二人はどちらが先に崖から飛び降りるかで喧嘩をはじめ、仲裁に入った翔太と共にBARになだれこんできた。
 そこには、BARのマスターと、その娘らしき従業員・メグミ。大部屋俳優の銀ちゃん。遊び人風のカップル、ケンジとリョウコら、数人の人間が昨夜からの雨で足止めを食っていた。さらに、料金未払いで逃げられた俳優を追いかけてきた風俗嬢ジュン、雨漏りの工事に来た風変わりな男女チャーリーとメイリン…らが、次々と店にやってくる。謎の女性・香織の存在はなぜか翔太とメグミにしか見えていない。
 雨は勢いを増し、ついに嵐。BARは監禁状態になる。
 食糧も底をつき飲み水も危うい、監禁三日目の危険な夜。理性は雨に流され、罵声が飛び交う。そして、ついに銃声が雨音に吸い込まれた。

 必死に記憶をたぐり寄せる翔太。

 

 物語は、街のサイドストーリーと混じり合いながら嵐の中を加速する。

 終わりなき夜が明けるとき、彼らはどんな真実に巡りあうのか。

 

【2004年の初演から、ついに三度目の上演を迎えた舞台『獰猛犬』にご期待ください。】